カーローンは適用外

自動車担保ローンは総量規制の適用対象外

 自動車担保ローンは、貸金業法では、「自動車の購入に必要な資金の貸付けに係る契約のうち、当該自動車の所有権を貸金業者が取得し、または当該自動車が譲渡により担保の目的となっているもの」とされています。「自動車の所有権を貸金業者が取得し」や、「譲渡により担保の目的となっている」という表現が意外に感じられるかもしれませんが、一般的な自動車の購入のローンの場合、自動車の所有者自体は貸付をおこなった貸金業者(金融機関)であり、購入者は、使用者として自動車を「使用できる」立場でしかありません。

 自動車担保ローンは、自動車の種類にもよりますが、一般的には金額が大きいため、総量規制の考え方には馴染まない種類の貸付です。また、総量規制の制度趣旨は、あくまで過剰貸付の禁止と多重債務の防止です。これに対して、自動車担保ローンは、一般的には、長期に渡る返済計画が整っていますし、金利も低い貸付です。さらに、自動車担保ローンは、自動車そのものが担保となることが多いため、仮に返済が滞ったとしても、利用者が直ちに多重債務となることはありません。

 このように、自動車担保ローンは、他の一般的な貸付とはことなることから、総量規制の適用対象外です。もっとも、自動車担保ローンが「顧客等の返済能力を超える貸付けの契約」に該当すると判断された場合は、当然ながら貸付してはくれません。

金利や返済計画に注意

 あまり知られていないことですが、自動車を購入するためのローンは、自動車そのものが担保となっています。このため、すでに述べたとおり、自動車の所有者は金融機関となり、購入者は使用者となります。車検証には所有者などの情報が明記されていますので、確認してみるといいでしょう。

 さて、自動車担保ローンは、購入者のローンの支払いを担保するものですから、ローンを完済するまでの間、所有者は、あくまで金融機関のままです。このため、ローンを滞納した場合は、金融機関が、所有者として自動車を取り上げてしまうことができます。このため、無理のない金利や返済計画としなければなりません。

 現在の金利や返済計画に問題がある場合は、借り換えローンなどを活用して、リスケジュールをおこなってください。